【コラボ企画第1弾】アトリエ新松戸×クセジュ新松戸教室

本日の子供絵画造形教室・高学年クラスではスペシャル企画がありました。

アトリエ新松戸×クセジュ新松戸教室コラボ企画

学習塾クセジュの新松戸教室とは昨年から交流を重ね、「学術×芸術=学芸」をコンセプトにイベントを実施しています。

今回のコラボ企画ではクセジュ新松戸教室の濱中先生(国語と社会のエキスパート)をお招きし、特別授業となりました。
「つくる」を少しお休みして「聴いてまなぶ」時間です。
いつもよりアカデミック!

スペシャル企画ということで、なんと保護者の方からも参加のリクエストがあり、実は親子教室ともなりました。

今日はテーマは“美術から歴史へ”。

ピカソの手がけたある絵の中に、アフリカのお面が描かれている作品があります。
ヨーロッパの画家がなぜアフリカのモチーフを使われたのか。
背景を面白く楽しく解きほぐしていきます。

「ああ、だからなんだ〜!」と皆さん濱中先生の解説にいくつも!マークを浮かべていました。

濱中先生の優しい語り口に、みんな引き込まれていましたね。

元気に質問したり(勢い余って立ち上がっての質問が笑)、イメージしながらアイディアを絵におこしてみたり、決して一方的でない活気のある授業になりました。
保護者の皆さんも、スパイス(香辛料)の話になると身近にあるモチーフのためか、濱中先生とのトークでとても盛り上がっていました。

次回はアトリエ新松戸がクセジュ新松戸教室に招かれていますので、ご期待下さい。
(予定が決まり次第告知します。)