《2017第1回》夏休み陶芸教室

先週までこのblogや新松戸まつりで告知をさせて頂いたアトリエ新松戸による夏休みスペシャル企画「子ども陶芸教室」が、本日いよいよ第1回を迎えました。

親子でのご参加、ありがとうございました。

まずは講師梅澤による“やきものができるまで”を分かりやすくレクチャーした後、実際に粘土を練る(陶芸では“土練り”といいます)ことに挑戦。

7/9のblogで「すごい集中力」を紹介しましたが、今日のこのスペシャル陶芸教室でもキッズのすごい集中力で教室がいっぱいでした。

皆さんアトリエに来るのも陶芸に挑戦するのも初めてのはずなのに、終始だれることがなかったのです。

学年でいうと下は一年生から上は六年生まで参加して下さったのですが、今回はその差もまったく感じられず、全員が2個ずつ練り上げてくれました。

この手つき、職人さんのようではありませんか!?

本企画は「夏休みの自由研究にできますよ」と謳ってはおりますが、それよりなにより皆さんには「美術を楽しんでもらいたい」という思いがあります。
「楽しかった」と笑顔で教室をあとにする皆さんを見て、それが達成できたと感じることができ、私たちもとても嬉しかったです。

8/20(日)には焼き上がっていますので(こちらからご連絡致します)、楽しみにお待ち下さいね。

こちらのスペシャル陶芸教室、第2回を7/30(日)にも開催致します。
まだ受付しておりますので、下記のページをご参照の上、ぜひご参加下さい。
>>夏限定! 子ども陶芸教室のご案内

「美術・日本の伝統芸に少しでも興味がある」
「自由研究に楽しいことをやりたい」
「今までやったことのないことに挑戦する夏休みにしたい」

皆さんのお申し込みをお待ちしております。

さて通常のクラスでは引き続き「おおもの」制作でした。

だいぶ色が入ってきてますね。

時々は頭を抱えちゃうこともあるけど(笑)、それもまた大作を生み出すための通り道。

思い残すことなく仕上げていきましょうね。